米沢・山形の冬ならでは味をご家庭で
上杉城史苑が贈る地元の味をぜひどうぞ


雪菜ふすべ漬
雪菜のふすべ漬は、その生産方法が独特で、雪が降る直前に大きく育った伝統冬野菜「雪菜」を収穫し、稲わらなどで作った雪室で囲います。そして雪が降り積もった雪室の中で、雪菜は栄養源を蓄えます。
ふすべとは置賜地方の言い回しで、「お湯でゆがく」ことを指します。
雪菜は「ふすべる」ことで、独特の辛みが生まれます。雪菜のシャキシャキした食感と、この辛みが米沢人の心を掴んで離しません。


青菜漬
山形人が愛する青菜漬は、しんなりした「葉」の部分と、シャキシャキした歯ごたえでちょっと辛みのある「茎」の部分で二度おいしい浅漬けです。
「葉」の部分は広げて熱々のごはんを巻いて食べたり、おむすびに巻いて「青菜おにぎり」して食べるのも美味です。


赤かぶ漬
赤かぶは濃い紫紅色で200gくらいの偏球形の形をしており、やや硬く、しまって甘味があるのが特徴です。
なますや漬物にすると白かぶの追随を許さないといわれ、かぶでは考えられないカリカリとした歯ごたえは、漬物用として絶品です。自然の色そのままの鮮やかな紫紅色は、見た目も食欲をそそります。
酸をきちんと摂れる酢漬けですので身体にも大変良い食品です。


納豆汁の素
山形県の冬を代表する郷土料理のひとつ「納豆汁」は、雪深い山形で古くから食されてきた伝統料理です。タンパク質が豊富で栄養価が高く、普通のみそ汁よりも体が温まりやすいことから、寒さの厳しい冬に重宝されてきました。
また納豆汁の具材に使われることが多い「芋がら※」は、芋煮で使用する里芋の茎の部分で、秋は芋煮、冬は納豆汁として食されておりました。
地域によっては納豆汁に入れる材料も異なりますが、たくさんの野菜を入れて具だくさんでいただけば、効率よく栄養素を取り入れることができ、身も心もぽかぽか温まることができます。


米沢牛吟醸味噌粕漬(すみれ漬)
すみれ漬は、味噌と酒粕を独自の製法・分量で混ぜ合わせた米沢牛黄木自慢の一品です。
漬け込むことによって、味噌の旨みがお肉に伝わり、米沢牛の旨みが増していきます。
お肉はモモ肉を使用しています。程よく食感もあり、漬け込む事で旨みが凝縮され、味噌との相性は最高です。



※この商品は、発砲容器にお入れしてお届けいたします。

ギフト・ごっつぉ伝

冬のごちそうセット【冷蔵】

販売価格
2,554円(税込み)
在庫
0

数量

-
+
在庫切れのため注文いただけません。
キャンペーン
冬のごちそう特集

商品詳細

【内容量】
・雪菜ふすべ漬150g×1
・百菜や 青菜漬200g×1
・百菜や 赤かぶ漬185g×1
・雪割納豆入り納豆汁の素150g×1
・米沢牛吟醸味噌粕漬70g×1
【保存方法】冷蔵4℃以下
【配送方法】冷蔵便