「上杉のこころ」を今に伝える、米沢稔りの会の上杉藉田米
上杉藉田米の藉田とは中国・周の時代の習わしで、君主が率先して耕作したことから始まったものです。
米沢の第9代藩主である上杉鷹山公は、その古事にならい財政難の米沢を救うため「藉田の礼」という儀式を行い自ら鍬を入れ農耕の大切さを藩民に伝えていきました。
鷹山公の領民を思いやる気持ち、農業を尊ぶ心に倣い、米沢稔りの会では、お米に「上杉藉田米」と名付けました。

上杉藉田米は完全無農薬・低農薬米で、つやがありもっちり、ふっくらした、良い香りのお米です。噛めば噛むほど甘みが増し、お米だけでもおいしくいただけます。
また、過去には、天皇陛下が皇居で行う新嘗祭(にいなめさい)に献上されたこともあります。

ひとつひとつ丁寧に作られた米沢稔りの会の上杉藉田米を、ぜひ、ご賞味ください。

お米

上杉藉田米「つや姫」3合 450g

販売価格
324円(税込み)
メーカー
米沢稔りの会

商品詳細

【内容量】3合(450g)
【保存方法】直射日光を避け常温保存
【配送方法】常温便

RECOMMEND

おすすめアイテム