上杉鷹山公の時代から受継がれてきた米沢冬の伝統冬野菜「雪菜」
今年の雪菜のふすべ漬がいよいよ出来上がりました!!
雪菜はその栽培方法が独特で、雪が降る直前に大きく育った雪菜を収穫し、稲わらなどで作った雪室で囲います。そして雪が降り積もった雪室の中で、雪菜は栄養源を蓄えます。
ふすべとは置賜地方の言い回しで、「お湯でゆがく」ことを指します。
雪菜は「ふすべる」ことで、独特の辛みが生まれます。雪菜のシャキシャキした食感と、この辛みが米沢人の心を掴んで離しません。
生産者も少なくなり、幻の冬野菜とも言われている雪菜のふすべ漬をぜひ一度、ご笑味ください。

米沢冬の伝統野菜雪菜 
米沢市上長井地区で雪菜を生産する佐藤了さんが、丹精込めて育てた雪菜を使用しています。
雪菜を藁で囲んだ雪室で寝かせることで、ふすべ漬の“辛み”が生まれます。
冬だけしか味わえない希少な伝統冬野菜「雪菜のふすべ漬」をぜひお召し上がりください。


漬物

雪菜ふすべ漬 150g【冷蔵】

販売価格
514円(税込み)
商品コード
S-20
メーカー
上長井生産組合

商品詳細

【内容量】150g
【賞味期間】製造日より7日
【保存方法】冷蔵10℃以下
【配送方法】冷蔵便

RECOMMEND

おすすめアイテム